| main | ランクル 70系 >>

スポンサーサイト

  • 2007.07.19 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ランクル 60系

ランクル 60系

1980年、ステーションワゴン55型の後継車種としてランクル 60系が登場した。
ランクル 60系のガソリンエンジンは55型から変わらず6気筒、4.2Lの2F型であったが、
新たに6気筒、4.0Lの2H型(国内は1982年から)と4気筒、
3.4Lの3B型の2種のディーゼルエンジンが設定される。
ランクル 60系には消防車仕様というものが存在する。
山間部を中心に配備されており、現在でも見ることができる。
1980年国内モデル ランクル 60系のバックドアは観音開きのみとなっている。
グレードはビニールシートとセミトリムのスタンダード(STD)と、
ファブリックシートとフルトリムの「G パッケージ」が選べた。
1981年10月 海外のみであった上下開き式バックドア、。
パワーステアリング、ソフトライドスプリングを国内にも採用した。
1982年10月
ランクル 60系の国内モデルにも6気筒、
4,000ccの2H型ディーゼルエンジンを搭載したバン4000GXが追加された。
5速M/Tを新設して、ハイルーフを追加した(ディーゼルモデルのみ)。
GXグレードを国内にも新設(ディーゼルモデルのみ)。
電動リモコン フェンダーミラーをGXに採用(国内)。

1984年11月、ランクル 60系マイナーチェンジ。
ガソリンエンジンを4000ccの3F型に変更。
ショートストローク化とフライホイールの軽量化など、
高回転寄りの設定となったことと、排ガス対策のため、力強さは失われた。
ガソリン車にも5速M/Tを設定し、リアバンパーをを分割し、ステップを新設。
1985年10月
ランクル 60系のディーゼルにターボモデルを追加した。
国内では最上級グレードのバン4000VX(HJ61V-MMZX)のみに限られた。
2H型を直噴化した12H-T型を搭載した。
このモデルにはデフロックがオプションで設定された。
4速A/Tを搭載して、サスペンションシートを設定した(フロア形状変更)。
1986年8月
3B型エンジン廃止して、VXのトリムを変更。

1987年8月ランクル 60系マイナーチェンジ。
コストダウンのため部品点数を削減。
収益性アップ(値上げ)のため見栄え向上をはかる。
ヘッドランプを角型4灯に変更。
インストゥルメントパネルを変更。
国内にもワイドタイヤ(31X10.50R15 LT)とオーバーフェンダーを設定(バンVXのみ)。
これらの変更は当時開発が進んでいたランクル 80への買い替えをスムーズに促すためのデザインとされた。
このタイプのランクル 60系はクロカンをする人や、予算の関係で80に手が出ない
人などが購入するため、昭和の年式にもかかわらず高い。
1988年3月ランクル 60系にガソリンエンジンの3F型を電子制御化した3F-E型を搭載した
70ワゴンに続く乗用車登録モデルとなる、ワゴン4000VX(FJ62G-PMZ)を追加。
1990年1月にランクル 60系は生産終了する。
当初80系への切り替えは1989年年の10月を予定していたが、
新機構満載のランクル 80系はトヨタとアラコにとって、共に未経験の部分が多く、
その後11月に延期されるも生産立ち上がりは遅れ、
最終的には年明けの1990年1月にずれ込んだ。
そのためランクル 60系は同月まで生産が続けられることになった。

今となっては、ランクル 60系はかなり古い車だが、
同年式の車と比べると中古車市場ではまだまだかなりの高値で売買されている。
リフトアップしたランクル 60などは特にクロカンをする若者などに人気が高い。
車両も大きく、迫力があるため、個人的には非常にかっこいいと思う。

スポンサーサイト

  • 2007.07.19 Thursday
  • -
  • 22:53
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Search Google
sponsored links
selected entries
archives
recommend
links
profile
関連キーワード

 ※関連キーワードを入れてください 

others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM

Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録